毎年頂くカレンダー、来年に向かう気持ちにテンションが少しだけ上がる。

毎年カレンダーを頂くけれど、年々量が減っているような気がする。コスト面で削減できるところといえば、やはりこういうところからかもしれない。全てのカレンダーを貼るわけではないけれど、なかなか魅力的なデザインの物もなく、時にはもらったカレンダーは後ろの白い面で活躍させ、わざわざお気に入りを探して購入に走ることもある。うちのような「白い面」を活用させられる人は、無駄にしなかった、という安堵感があるけれど、他の人はどう使っているのだろう。毎年、カレンダーに馳せる思いは強くなる。それだけ「勿体ない」意識が強くなっているということだ。また、自由気ままな生活が多くなって、年々スケジュール調整というところからも解放されつつある私にとって、カレンダーなど贅沢品かもしれない。そんな昨日、車屋さんから「カレンダー貰いましたか」と聞かれ、首を振ると、それでは、と手渡されてしまった。見ると、楽しく季節感あふれるデザインに、ちょっと心ときめく。次の年に向かう時のカレンダーは、それだけで気分があがるのかもしれない。アコム web完結