息子が映像花形に?だいぶリアルで不思議な願望

今朝、リアルで不思議な思惑を見ました。
小学校の小児がムービーに出ていて、主演ではないのですが、準ヒロインくらいの役どころでした。
ヒロインの女房はエレーヌという物悲しいブロンドのキッズで、小児よりも2年代年上。たまご式のきれいな体型と、整った顔立ちの美少女だ。
背も激しく、しぐさや着ているウェアからして、更に大人びて見えました。
驚いたのはフランス語で流暢に話しているのです。小児はフランス語なんぞ一度も話したことがないのに!
字幕がないと何を言ってるのか徹頭徹尾理解できない我々に、「ここはそういったわけなんだよ」とか「エレーヌは捕まりそうだから逃げているの」とときの講評もしっかりしてくれました。どうしてフランス語を語れるようになったのかを聞くと、「何言ってるの、昨今パリに住んで学校に通っているでしょう。女の子からフランス語上手よ」と言われて納得しました。
子役はパリに住んで掛かる子供達からオーディションで選ばれた振舞い、小児は自分で応募したこと、ヒロインのキッズは横のアパルトマンに住んでいることなどを教えてくれました。
パリなんて息子が生まれるとっくにしか行ったことがなくて、小児も行ったことがないのに自然趣向でした。
ムービーの収集は少々時間がかかるから、収集をしているターム学校に行けなくて、その学業はきちんとしてるよ、ってバッチリアピールしていたのが小児らしきなと笑ってしまいました。
見た夢のストーリーをしたら、小児は「そうよ、フランス語喋れるんだよ」というおどけて話していました。
ムービー出場はともかく、パリに住む思惑が叶ったらいいなあ・・・と思いました。ミュゼ 100円

焼肉のたれの代替ソースの分量がつかめてきた

以前は市販の焼肉のたれを買って使っていました。
他にもドレッシングとか、いろいろな調味料を買ってましたが、最近はできるだけ調味料は減らし、手づくりするようにしています。
ドレッシングは学校の家庭科の時間にも習うぐらいなので、わりと簡単にできます。
問題は焼肉のたれですね。これは家庭で作るとなるとけっこう大変です。
市販のもののように、果物のすりおろしでコクをつけようとか、そういう手の込んだことをすると面倒になってしまいます。
そこで、シンプルに考え、簡単に作ることにしました。
使うのは、めんつゆ・中濃ソース・みりん・ショウガやニンニクのパウダーです。
これを混ぜ合わせ、フライパンでちょっと煮詰めると、それなりに焼肉のたれっぽくなります。
めんつゆも自分で作れとつっこまれそうですが、これは煮物や汁物、ほかさまざまな料理に使える万能調味料なので、ストックしておいて損はないと思い常備しているので、焼肉のたれにも活用してます。ミュゼ デリケートゾーン