子供と一緒に寝るのは本当に一苦労です。でも幸せ♪

毎晩子供と一緒に寝ています。いつも布団の隅に追いやられて、畳の上で寝ることもしばしば。キックや肘の攻撃で痛くて目が覚めることも。夫は別室なのでそんなことも知らずにスヤスヤ寝ていてイラッとすることも多かったんです。
ところが最近、子供は急にパパと寝だしたんです。そうすると何だか無性に寂しくなるのは何なんでしょうね(^^;)昨日も「おやすみ〜」と言って夫の布団に行ってしまった子供に「ママと寝てくれないのね…」とちょっと演技してみたら…子供は慌てて「ママ〜」と言って私の布団に来てくれました。何だか子供に気を使わせてしまったようで悪い気もしたけど久しぶりに私の所に来てくれたので内心大喜びの私でした。もちろん、明け方は畳の上で体が冷たくなってしまい、寒さで目が覚めましたが文句を言うと夫の所へ行ってしまうのでグッとこらえた私です。
もう後何年もは一緒には寝てくれないだろうから、夜のこの時間を満喫したいと思います(*^^*)とはいえ、布団の上で寝れないので体はバキバキです。http://www.fndg.co/aiful/aiful-hensai.html

資産・手間苦悩の意味について学んだ

源について修練しました。これまで強国は、鉄・アルミニウム・銅といった資材や、石油・石炭などの気力源を大量に返済してきました。また、発展途上国では急激人口増殖が続いており(人口炸裂)、これらの世界中でも拡大にともなう源・気力の返済が増加しています。しかし源・気力は有限であり、また大量に消費することによって地球実情を悪化させる状況ともなっています。そこで、源・気力の山積み返済を付け足し、新規ノウハウ拡大による省源・節約を煽る事象の責務が叫ばれるようになりました。現時点、太陽熱・風力・潮勢い・地熱などの人並み気力や水素燃料を活用するリサーチが進められている。しかし、発電嵩や単価などの顔で不都合も残されている。また、原子力気力は発電コストがたいして安定しているなどの利点があるが、放射能汚染トラブルや発光性廃棄物に関するトラブルによる故障など、無事故が心配されている。このことでセーフティが第ゼロですなと再び感じました。