リアルラプンツェル女子の恋の行方に共感できるんです

韓流ドラマ「となりの美男<イケメン>」を紹介したいと思います。
このドラマの主人公ドンミは親友の裏切り行為から引きこもりになってしまい、代り映えしない生活の唯一の楽しみが向かいのマンションに住む初恋の人・テジュンの部屋をのぞき見することでした。
しかしテジュンの友達・エンリケにのぞき見していることがバレてしまい、ここからずっと関わらないようにしていた外の世界の人たちと向き合っていくことになる。
1話目を見たときは地味な話だなと思う程度だったのですが、回が進むごとにどんどん面白くなっていくこのドラマ。
引きこもりのドンミと、外の世界に連れ出そうとするエンリケのピュアな恋が可愛くて、見ていて微笑ましいです。
今どきこんなに不器用な人たちがいるのだろうかと思わせる部分もあるけど、素直になれないところだったり、不器用なところが人間らしくて共感できる。
そして孤独だと思っていても、自分のことを見守っててくれる人が案外身近にいるということを気づかせてくれる、心温まるドラマです。
そしてドラマのタイトルにもなっているイケメンがたくさん出てきます。
エンリケ、テジュン、ジンラク、ドンフン、ワタナベ。それぞれが個性豊かで全然違うタイプだけど、どのイケメンも素敵です。
私は第一印象ではテジュンが一番好きでしたが、回が進むごとにエンリケの人柄に惹かれていきました。
やかましくてうるさい奴だと思っていたけど、一番人間らしいというか、憎めないキャラなんですよね。
甘え上手だし、人懐っこいキャラクターがまた人に好かれるというか。だからドンミもそんな彼に少しずつ心を開いていったのかもしれません。
恋愛下手な2人のカワイイ恋の物語。最近ちょっと心が薄汚れていたので、このドラマを見ることで少し浄化された気がします。
時間に追われて毎日せかせかしていることが多いけど、たまには一息ついてこのドラマの世界観のようにのんびり自分をみつめる時間を作ってみてはいかがでしょうか。
周りの人のありがたさに気づいたり、ピュアな恋がしたくなると思います。