株式の評価と株価チャートなどについて勉強

株式などについて勉強しました。株式投資で希望利回りを得るには、いくらで買い入れたらよいか知る必要があります。これを株式の評価といいます。また、一定の利回りを目標として株式の評価をすることから、利回り採算ともよばれます。株式の評価額は、株式を買う場合に時価と比較し、購入するかどうかの判断をするための資料とします。株式の実際の値動きを表すグラフを株価チャートといい、株式の評価と組み合わせて株式購入の判断に役立てることができます。次は、データベースソフトウェアなどについて勉強しました。データベースソフトウェアは、大量のデータを効率よく保存し、これを必要なときに必要な形で迅速に取り出すことができます。データベースは、コンピュータを用いて情報を体系的に管理し活用するしくみです。ビジネスの諸活動において商品や顧客、経理などに関する様々な情報を迅速に得るためには、各部門で発生したデータを個別に管理するよりも、全社で共同利用できるよう一元的に管理した方が効率的です。株式については知らないことが多かったので勉強して良かったです。

書類は全捨てが基本ってこんまりさんはいうけれど

断捨離の本に、高校時代の通知票が捨てられないって人の話がでてきた。
それは、自分が頑張った証明だから、それを頼りにしているらしい。
私も、給与明細が捨てられない。それは私が職場でがんばった証明だから。
21歳で就職して18年間。がんばってきた給与明細。絶対に捨てたくない。
源泉徴収票も、捨てたくない。私の大切な書類。
あと健康診断の書類も。20歳の頃からの値が書いてある。
体重の変化、給与の明細など、なぜ捨てられないのだろう?見返すことはないのに・・・。
自分ががんばった証明として、おいておきたいんだよなあ。
とくに、社会に出てから、20歳からの記録は残しておきたい。
献血の記録は捨ててしまったけれど、パスポートとか、給与明細、健康診断表などはとっておきたい。
ときめくかと言われたら、ときめくよ。私の大事な思い出の品になってる。
だから、これらは捨てちゃいけないんだ。もっと捨てるべきものはあるはず。
それから先に、捨てよう。

天気がよくて庭仕事を頑張った休日でした。

朝から子供のスイミングがありました。
送りに行って、子供がスイミングをしている間にいつものスーパーで買い物をすませました。
今日は先日、懸賞で届いたローストビーフを夕食にするので、つけ添えにするサラダの野菜を買いました。
またチョコレートや子供の好きなおやつを買いました。
家に帰ってから、主人と庭の手入れをしました。
今年初めての芝刈りをしました。
1時間ほどかけて、庭全体を刈りました。
縁の部分は手動式の小さな芝刈り機で主人が刈ってくれました。
芝を刈って、庭がきれいになると気分もすっきりしました。
けっこう暑くて汗をかきました。
午後に近所の方から新鮮な大根、とジャガイモをもらいました。
知り合いの畑で採れたばかりなのだそうです。
無農薬で皮まで食べても大丈夫なのだそうです。
とれもうれしかったです。
大根の葉っぱを切って、茹でてからみりん、しょうゆ、酒を足して炒め煮にしました。
これにゴマをかけるとほろにがくて美味しいご飯のお供になります。
よく働いた一日でした。